« 食記録 | トップページ | 小田代ヶ原 »

2018年10月18日 (木)

いわての漆

2018.10.12

Imgp5217

ちょっとしたネタです。

10月連休、北岩手の漆の産地、二戸の浄法寺と安代に立ち寄りました。

Imgp2344

Imgp2352

ざっと見学しただけですけどね。

そこで見つけた下の案内ですが、

Imgp5214_2

この次の週末に東京で上記のような催しがあることを知ります。

もう一つハガキサイズの案内もあって、そちらを持って行くと、漆器が10%割引、もしくは漆器で日本酒一杯無料、との告知。

漆器のオチョコで日本酒を味わうイベントは10/12の夜、せっかくですので出向いてみました。

Imgp2490

Imgp2492

Imgp2489

久々の六本木(業界用語でギロッポン?)、ワクワクしますわ。

イベント会場のヒルズカフェを探して歩きます。

ヒルズカフェを見つけましたが、何だか様子が変です。

インフォメーションで尋ねると、なんとヒルズ違い...

案内にちゃんと”虎の門”ヒルズと記載されていました。

ヒルズと言えば六本木、と頭の中に刷り込まれていたようですね。

ということで、再び地下鉄に乗って虎の門ヒルズに移動です。

Imgp2518

こちらが虎の門ヒルズ界隈

Imgp2517

虎の門のヒルズカフェ

撮影禁止ではないので、

Imgp2506

Imgp2507

Imgp2504

カメラを構えていると、どうぞ(漆塗装のフライロッドを)手前に出して写してください、と言うので、

Imgp2503

つい先日の10/6?、グッドデザイン賞を受賞されたそうですよ。

Imgp2514

Imgp2496

ざっと展示を見てから、日本酒コーナーへ、

Imgp2510

Imgp2511

岩手でゲットしてきた案内のハガキを出すと、好みの日本酒一口と、つまみを無料で提供してくれました。

ちなみに、お金払っても200円です。

ゆっくりするスペースもないので、一気に飲み干し、つまみは家のみの楽しみに持ち帰りました。

JR新橋駅に向かう途中の屋台の人だかり、ですが、いわての単角牛は既に売り切れ。

Imgp2530

Imgp2526

宮崎の”じどっこ地鶏”と”奇跡のナス”

両方頼むと、黒霧島無料サービス、というのにつられて、どちらも購入。

試供品と記された”黒霧島”を渡されましたが、氷もないし...

持ち帰って後日家でゆっくり楽しむことにしました。

Imgp2533

最後に新橋のガード下、そそられますね...

« 食記録 | トップページ | 小田代ヶ原 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

散歩・散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いわての漆:

« 食記録 | トップページ | 小田代ヶ原 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック