« 魚眼の風景 | トップページ | 三ツ石 の 夜明け »

2018年12月27日 (木)

柴又帝釈天 & 水元公園

2018.12.16

Imgp3880

国民的人気映画ゆかりの地へ。

ちょっと前になりますが...、

早朝の水元公園でメタセコイアの森を散策し、柴又の帝釈天に足を伸ばしてみました。

水元公園も帝釈天も、実は今回が初。

外環自動車道が延びたおかげで、三郷南ICを下りたらすぐ着きました。

Imgp3791

Imgp3805

Imgp3794

この朝は冷え込みが激しく、家を出る時点での車の外気温系はマイナス2度を示していました。

水元公園でも、霜があり、薄氷が張っていてとても寒かった気がします。

----------------------------------------------

朝食は、近くにあったコメダ珈琲店で。

Imgp3831

寒かったので店内の入るとホッとしました。

コメダにも初めて。

珈琲の注文でトーストが付いてくるという噂の名古屋式、初体験です。

話に聞いた時は、へ~、それまお得だな、と感心していましたが、

冷静に考えてみると...、

コーヒーが500円前後、これにトーストが着きます。プラス、サラダをつけると600円越え。

ファミレスのモーニングセット、実は同じような価格です。

コーヒーは専門店だから多少良いもの?かもしれませんが、ファミレスだとドリンクバーになるので、いろいろ飲めるし...、店によってはスープも。

店内の雰囲気は、落ち着いていて好みでした。

-----------------------------------------------

それでは、帝釈天へ

Imgp3832

映画寅さんのテーマ曲の初めの部分だけが、リピートされて流れていました。

本当に出だしの部分だけひたすら繰り返し流れているので、さすがにしつこさを感じました。

Imgp3838

Imgp3840

Imgp3843

前にいた家族連れが、柄杓で水を掬って、奥に沢山ならんだ蛇に水をかけていたので、真似して水をかけてみました。

帝釈天と蛇の関係や、水を掛けるとどんなご利益があるのか全く知りませんが、何か良いことがあるかもしれませんね。

Imgp3844

境内はざっと回っただけで、終了。

楽しみにしていたのは、門前街の方です。

Imgp3857

いい感じです。

帝釈天から、柴又の駅に向かうので、本来とは逆ルートになります。

Imgp3860

Imgp3858

Imgp3861

まだ、ガラガラですね。

左右に店を構えている、高木屋老舗に入って草団子を食べることにしました。

Imgp3891

Imgp3868

Imgp3864

店内もまだガラガラ。

まあ、何処にでもある草団子でした。

お茶もすすれて、一休みできました。

Imgp3869

Imgp3872

Imgp3874

Imgp3889

Imgp3901

Imgp3894

Imgp3899

柴又の駅まで歩いて、来た道を引き返しました。

Imgp3895

帰りに別の店で土産用の草団子を買いました。

家で食べたら、こちらの方が草の風味が効いていて美味しく感じました。

(あくまで、個人的な感想です)

----------------------------------------------

まだ時間が早いので、ちょっと付近をブラブラ。

Imgp3906

寅さんミュージアムみたいのもありましたが、そちらはパス、

僕好みの古い邸宅があったので、そちらに入ってみました。

Imgp3909

山本亭という御屋敷です。

Imgp3912

Imgp3914

Imgp3917

Imgp3911

Imgp3930

Imgp3935

Imgp3939

Imgp3943

Imgp3946

入館料100円で、リーズナブルでした。

都内にもまだまだある未踏の地、そんな中の一つでした。

ちょっと写真多くなりましたね...

実は寅さんの映画、一本もちゃんと見たことないんですよね。

今度機会があったら、見てみようかな。

« 魚眼の風景 | トップページ | 三ツ石 の 夜明け »

散歩・散策」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

柴又と聞くとやっぱり寅さんですが
私も映画を1度も観たことがなく…
その舞台の柴又も全く知りませんでした(^^;

こちらは昭和感漂う街並みですね♪
下町と言われる場所でしょうか!

写真と解説? 見て…読んで楽しかったです(^^)


sakura さん、こんにちは、

柴又が有名になったのは、きっと寅さんのおかげではないでしょうか。

昭和な感じの街並み(門前街)が観光気分を盛り上げてくれました。

下町の定義ってよく分かりませんが、柴又も下町と言われていますね。上野や浅草などの、これぞ下町、という区域からは結構距離あると思いますが。

写真ばかりで、解説は殆どなくてすみません...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柴又帝釈天 & 水元公園:

« 魚眼の風景 | トップページ | 三ツ石 の 夜明け »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック