« 安房白浜港灯台 | トップページ | 雀島 »

2019年2月24日 (日)

梅 & メジロ

2019.2.24
 
Imgp6537
 
ようやくです、
毎年この時期になると、梅の花とメジロの写真を撮りに、小金井公園の梅園に通うのが恒例行事となっています。
 
2/11(月)、メジロが全く姿を現さず、寒くて1時間ほどで退散しました
 
2/17(日)、この日は1度だけ、ペアのメジロ2羽が飛んできましたが、すぐにどこかへ行ってしました。ほんの一瞬、1枚も撮らずに終了。
 
この日も冷え込んだと記憶しています。
 
2/24(日)、今朝です。
 
風もなく、過去2回よりもだいぶ春めいた感じです。この1週間で、花をつけている梅の木が大分多くなっていました。
 
到着したら、すぐにメジロを見つけ、1時間半ほど滞在しました。
 
Imgp6552
 
Imgp6846
 
Imgp6712
 
野鳥の撮影には、いまだにK-3を使用しています。
 
2年前に購入したKPの方が、手振れ補正は格段に良いし、AFもきっと良いでしょう。しかし、バッファが少なく、RAWで連射するとすぐに止まってしまうので、連射を要する撮影では使えないのです。
 
レンズはDA300mm。これまたAFがカクカク、ウロウロと迷うことが多いので、QSFでのMFを併用しながらなんとかやっています。写りは今でも抜群だと思いますけどね。
 
隣で撮っていたカメラマン、パッと見の形からおそらくFujiのミラーレスだと思いますが、連射音が凄まじかった...、音量ではなくて速度です。最新のT3か??
 
ペンタックスから本格的なAPS-C機の登場が待ち遠しいところです。
 
その前に、GRⅢの誘惑が待ってますけどね。

« 安房白浜港灯台 | トップページ | 雀島 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

良いですね!
ウメジローが漸く撮れたとのこと♪
眼が鮮明でとても綺麗ですね。

カメラの事は詳しくはないですが
野鳥撮影や風景、動きもの花とそれぞれのシーンに合わせてのカメラやレンズがあれば良いのですが…
中々手がでません(^^;

ただメンテナンスが必要になりますので
やはり二台は必要ですので、私も新しいカメラを購入しようと考え中ですが、今のカメラの新機種になりそうです。
余談になりました。すみません(^^;

メジロ、私もこれから狙いたいと思います。
毎年見にいく淀水路と城南宮撮りに行ってきます。
ただこればかりは運が良ければ…になりますね(笑)

梅とメジロ!素敵な写真を見せて頂きました(^^)

sakura さん、こんにちは、

野鳥の撮影は難しいですね。来ないし、動くし、枝かぶりがあるしで...

そうですね、鳥を撮るなら明るい望遠レンズで解像度が高いものが理想ですね。ピントがバッチリ合って、毛の1本1本まで写らないと満足いかなくなりますので。撮りやすさなら、ボディ、レンズとも、お使いのメーカーがよいと思いますよ、多分。

予備のカメラはあったほうが良いです。風景でメインに使用しているフルサイズのカメラですが、秋に1ヶ月半、2月前半に10日間、整備工場に預け、更に一昨日また工場送りとなってしまいました...。これについては、そのうちブログに書こうと思います。

なので預けているカメラが戻って来るまで、撮影はメジロやスナップになると思います。

メジロ、可愛く撮れると良いですね。

こんばんは。

今日、ヨドバシカメラで買ってきました。

EOS kiss X9i にしました。

あと、タムロンのレンズも。
これで今のカメラをメンテナンスに出せます。

今のカメラと同じように使えるのが嬉しいです(^^)

そして、風景から野鳥も馬もお花も
レンズ交換しなくて済むのが一番嬉しいかもです。

sakura さん、こんにちは、

ご購入、おめでとうございます。

一眼レフもミラーレスも、キャノンなら間違いないですよね。使ったことはありませんので、あくまでネットや雑誌の情報からですけど。

メジャーなメーカーのカメラは、サードパティーのレンズも豊富で、選択肢が多く、うらやましい限りです。

ちなみに、鳥の撮影を始めた頃、7Dmk2と100-400mmを真剣に欲しくなった時期もありました。

きっと、ますます撮影が楽しくなることでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅 & メジロ:

« 安房白浜港灯台 | トップページ | 雀島 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック