« 平戸教会巡り(5) | トップページ | 平戸教会巡り(7) »

2019年5月 5日 (日)

平戸教会巡り(6)

2019.4.21

Imgp5289

備忘録ということで...

そろそろ、教会巡りの記事の作成にうんざり感を抱き始めてきましたが、記録として残します。

GWネタも次々に発生していますので、押せ押せです。

”古江教会”へ、

ウネウネ続く細い道の奥にポツンとありました。

細い道に入ってからは、すれ違う車もなく、民家もないので、本当にこの先に教会があるのか不安でしたが、グーグルマップのナビに従って進むとありました。

Imgp5295

Imgp5299

こんな辺境感あふれる立地ですが、人々が集まっていて、駐車している車がたくさんありました。

なんか不思議な気分です。

Imgp5307

海が見渡せる場所高台です。

集会の最中のようなので、内部の見学はせず、早々に引き返しました。

すぐに1台の軽自動車とすれ違いました。

運転していたのはなんと神父さんです。きっとこの後、イースターの集会が始まるのでしょう。

慣れた感じで後退してくれて、道を譲ってくれました。丁寧に頭を下げて、感謝の意を表しました。

------------------------------------------

”山野教会”へ

Imgp5311

Imgp5318

真新しい外観の建物でした。

この日これまでに巡ってきた3つの教会はどこも信者さんが集まっていたのに、もぬけの殻でした。

Imgp5321_1

Imgp5322

ここは鍵が開いていて内部の見学が可能でした。

撮影は玄関までですが...

教会の中は、想像に反して、古い雰囲気で驚きました。

前日見学した”宝亀教会”に似た印象ですね。

やはり、中の空気は外とは全く違っていて、ひんやりして静かでした。

石油ストーブが置いてあり、その匂いと、古い木の香りも漂っていように記憶しています。

素晴らしかったです。

Imgp5326_2

きっと外装を新しくし直したのでしょうね。

-----------------------------------------------

続いて、”中野教会”へ、

Imgp5327

ここは大きな道路に面した分かりやすい場所にありました。

Imgp5330_1

Imgp5336

外観は、特に風情を感じさせるものはありませんでした。

Imgp5334

しかし、この玄関の感じを見る限り、それ相応の年代を重ねてきた建物だと思いました。

残念ながら扉には鍵がかかっていて、内部を見ることはできませんでした。

この教会ももぬけの殻、

きっとイースターのお祝いは特定の教会で合同で行われているではないか?、と思いました。

神父さんも幾つも回るの大変でしょうからね。

Imgp5332_1

ところで、どこの教会もツツジが綺麗に咲いていました。

何も考えずに九州を訪れましたが、4月、実は良い時期だったかもしれません。

GW以後は熱くなるでしょうし、秋の紅葉とかも想像できませんので。

(平戸の教会巡りの記事は、あと一つで終わらせる予定です)

« 平戸教会巡り(5) | トップページ | 平戸教会巡り(7) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私はGWは鹿児島の霧島と開聞岳に登りました。天気もよくすばらしかったでした。

mori さん、こんばんは、

九州に行かれておりましたか。
そちらは登山がテーマですね。天気に恵まれて良かったですね。

かなりご無沙汰している登山ですが、再来週、職場の人々と久々に登ることになりました。歩けるか、不安です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平戸教会巡り(5) | トップページ | 平戸教会巡り(7) »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック