« 里山アート、棚田の里、東洋のミケランジェロ | トップページ | 山古志 の 朝 »

2019年6月 4日 (火)

山古志 の 夕暮れ

2019.5.3

Imgp3754_1

この日の夕暮れは、

唯一知っている山古志の夕日スポットで迎えました。

三脚を立てて日の入りを待っていると、刻一刻と太陽が山の影に隠れて行きます。

Imgp3749

日が沈むのって、じっと見ていると早く感じるものです。

太陽が山の影に完全に隠れてしまってから、いつの間にか雲が何処からともなく現れて来ました。

Imgp3779

適度に雲が出てくれたおかげで、空に変化が出て、水面に写り込みも現れ、良い雰囲気に撮れました。

ちなみにWBをCTEに設定しておくと、青みが強調されて幻想的な雰囲気が一層増すような気がします。

翌朝の日の出も楽しみです。

« 里山アート、棚田の里、東洋のミケランジェロ | トップページ | 山古志 の 朝 »

風景写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

素晴らしい夕景ですね♪

私もいつかはこのような夕景を見てみたいものです。

最後の写真のように、私も青を強調した写真を撮りたいと常々思っていたのですが、中々難しい(^^;

WBで調節するのは雑誌やネットで見たり、設定を調べたりしましたが…
上手くいきません(^^;

そんな幻想的な夕景や日の出が撮れるように早くなりたいものです(^^)♪
写真は難しいです(^^;


sakura さん、こんばんは、

朝や夕の風景は、WBをCTEに設定して撮ることが多いです。イメージと合わない場合、現像時に変えます。現像でカメラ内なら他の設定からCTEに変えられますが、PC(Lr)での現像ではできませんので、撮影時の設定でCTEにしているのです。

撮影でWBの調整なんて、上記でCTEに設定する以外は、何もしません。正直、よく分かりませんので。

CTEなんていう変わった設定があるのはペンタックスだけではないでしょうか。CTEの意味は色温度強調だったと思いますが、記憶色を強調するような効果だったかな、と。夕焼けをより赤く、青みがかった空をより青く、といった感じでしょうか。

写真なんて、場所、時間帯を決めて、シャッターを切るだけです。それ以上に、光の加減、天気などなど、運が大きく絡んできますが...

なので、そんなに難しく考える必要はないかと思います。

おはようございます。

CTEとは?と本当は聞いてみたかったところでした。
すごく良い機能があるカメラだと思いました。
特に私には便利な感じがしました(^^;

カメラは沢山の機能があり
色々と試したいと思っていても
1度やってみたつもりが、次は忘れてしまうという事がよく私にはあります。
なので、やっぱり何度も同じ様な場面を撮る!ことがその機能を使いこなす方法なのかなと思います。
いつも教えて頂きありがとうございます(^^)
そうですね。難しく考えず楽しみたいと思います。
私も画像保存だけでも自分のパソコン💻を持ちたいなと思います。

こんばんは、

講釈めいたこと書いていますが、僕もカメラの機能のほんの何分の1しか使いこなせていないと思います。

”1度やってみたつもりがすぐ忘れてしまう”はよくあること。なので、ユーザー登録に記録させてます。

画像はパソコンでは入りきらないので、保存は外付けHDDにしています。

おはようございます。

ユーザー登録!初めて知りました。
調べてみます。
HDD…分かりました。

色々と本当にありがとうございます(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 里山アート、棚田の里、東洋のミケランジェロ | トップページ | 山古志 の 朝 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック