« 釣り旅、北東北(5-2) | トップページ | Y's Cafe & 妻沼聖天山 »

2019年7月22日 (月)

古代ハス

2019.7.21

Imgp4255

久しぶりに花を見に、

埼玉県行田にある、”古代ハスの里公園”に行って見ました。

Imgp4258

古代ハス、耳にしたことはありました。

特に興味も関心も湧かず、そんな品種の名称なんだな、程度でした。

今回ここを訪れて、初めてその由来を知って驚きました。

公共施設建設工事の際に、偶然出土した種子が自然発芽して蘇り、池に開花しているのが発見されたものとか。

掘削によってできた場所に水が溜まり、池となって、地中深くに静かに眠っていた蓮の実が静かに目覚めたそうです。

1400~3000年前の蓮だそうですよ。

なるほど、確かに”古代”ですね。

Imgp4248

Imgp4251

Imgp4254

Imgp4289

Imgp4265

Imgp4269

どうやって撮影すると綺麗に撮れるのか...

ありきたりの写真ばかりになってしまいました。

Imgp4285

こちらはちょっと珍しいですよね。

まだ蕾の段階ですが、1本の茎から2つの花が咲くのでしょうか?

Imgp4287

早く梅雨が明けて欲しいものです。

« 釣り旅、北東北(5-2) | トップページ | Y's Cafe & 妻沼聖天山 »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

古代ハス…すごく綺麗ですね(^^)
私もどこかで聞いたことありましたが、詳しい由来まではしりませんでした。
蓮の花は歴史がありますよね。
さすが…
お釈迦様と蓮…ですか…
詳しくなくてすみません(^^;
古代ハス勉強になりました。

1本の茎から2つの花の咲く蓮も見てみたいものです。未だにお目にかかりません。
珍しいようですね(^^)

sakura さん、こんにちは、

ハスのことは、ほとんど何の知識もありません。

何故”古代”と着くのか、実は不思議に感じていたのですが、理由が分かってスッキリしました。

双子の蓮、花が開くとどういう感じになるのか、気にになりますね。

私も蓮大好きです。汚いどろから咲いて、どこか浮世離れしていて・・・3日で散ってしまうけど、種は何千年も持つ・・・不思議です・・・

mori さん、こんにちは、

古代ハスの”古代”の意味を初めて知った時は、驚きました。

この日は、曇りで日が差さないせいか、昼前まで花が開いていました。

綺麗ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 釣り旅、北東北(5-2) | トップページ | Y's Cafe & 妻沼聖天山 »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック