« 平ヶ岳 | トップページ | 桧枝岐温泉 »

2019年10月 7日 (月)

会津駒ヶ岳

2019.10.5

Imgp8352

草紅葉を満喫。

3週間ぶりの遠出、登山、そして旅行。

2週間以上、つまり約半月以上空くと、”久しぶり”な感覚になり、楽しみ度がかなり増幅されますね。

今回は麓に宿泊しての登山、1泊2日という個人的には珍しく贅沢な日程を組みました。

予定日が近づくにつれて気になってくるのが天気予報。

2日あるので、天気の良い方に会津駒を、悪い方(と言っても曇りレベル)に尾瀬沼散策を計画し、どちらも雨の場合は温泉旅行を満喫する、というプランを考えていました。

予定日が近づくとソワソワしてきますね。数日前にもなると、日に何度も天気予報をチェック。

いつものような日帰り登山だと、場所を変えて天気の良い山に変更すれば済むのですが、そうはいきません。

予め休みを取得し、宿も予約していますので。

TVのニュース、TVのデータ通信、インターネットの各種サイトの天気予報の不一致、毎度のことながら悩まされます。

直前まで迷いましたが、初日に会津駒を選びました。

Imgp8331

下山後に麓に宿泊、というのと、午前中は曇りや雨マークで、午後に晴れる予報を選択したので、

いつもよりゆっくり目の午前4時に自宅を出発、登山口に午前8時前に到着しました。

この時間なので登山口の駐車場は諦めていましたが、一番奥の駐車スペースから少し引き返した路肩スペースに停めることが出来ました。

日帰りではないので、国道沿いの大きな駐車場から約30分余計に歩くのもありかな、と思っていましたが、ちょっと楽できることになりました。

今回3回目ですが、いつも真っ暗いうちから埋まってしまっていたので、実はちょっと拍子抜けでした。

多分こんな天気の影響でしょうかね。

午前8:10、登山開始です。

Imgp8332

予報よりも早く、朝から日が差していました。

すっかり秋っぽいですね。宿の食事が楽しみです。

Imgp8333

今回は妻K同伴、なので無理せずの泊り登山。

一人でだと、こういう選択は非常に難しいのですよ...

Imgp8334

見上げれば、木々の隙間には青空と秋の雲。

上空は風が結構吹いていて、雲が流されていました。

Imgp8335

急登?をひたすら上がり、展望が開けました。

予報よりも天気良いですよ。

Imgp8342

最初に現れる湿原と池塘。

ここからは気分的に随分と楽です。

Imgp8345

Imgp8347

この辺り、向かって左側に燧ケ岳が見えるのですが、雲に隠れて全く見えませんでした。

Imgp8354

それにしても登山者が少なく、道は空いています。

Imgp8357

11時少し前、”駒の池”に到着。

今回のペース、疲労も少なく感じました。

暗くなる前までに下りれば良いので、気持ちにゆとりがあります。

Imgp8364

ここで一休憩。

家から持ってきたポテロングがパンパン。

Imgp8365

ちなみに、”駒の小屋”方面は雲で真っ白でした。

11:10に山頂に向けて、もうひと頑張りです。

Imgp8368

Imgp8369

振り返ると真っ白ですが、進む方向はウロコ雲。

Imgp8372

11時半、山頂に到着。

見晴し良くなかったですから、誰もいませんでした。

早々に”中門岳”に向かいます。

Imgp8376

この先の高低差の余りない木道歩きが最高です。

が、左方向は雲が覆っていて見晴し不良でした。

Imgp8383

”中門池”でも、この通り。

晴れていたら、前回登った”平ヶ岳”が見えたような...

復路で雲が切れることを願って、通過します。

Imgp8384

行き交う登山者はまばら、人が少ない日でした。

Imgp8395

Imgp8388

じきに木道の終点に着きました。

ここでしばしの休憩。

気持ち良かったです。

Imgp8397

汗も引いてきたので、来た道を引き返します。

Imgp8404

復路の”中門池”では青空も出て来ましたが、やはり遠くの山並みは望めませんでした。

ここでも少し休憩。

Imgp8411

綺麗な山並みはもちろん、ドライフラワーのようになっているコバイケイソウも印象的でした。

更にこの先の休憩スポットで小休止。

体を休めるというより、景色を堪能するための休憩ですね。

Imgp8414

”駒の池”に戻ってきました。ガスって見えます。

素泊まりのみだけど、リピーターも多く人気の山小屋だという”駒の小屋”をちょっと見学。

Imgp8417

Imgp8422

Imgp8424

Imgp8425

Imgp8427

可愛らしい木製の小動物、2年前に来た時にはなかったと思います。

泊まりの客らしき組が、タコ焼き器でたこ焼きを作っているのに、かなり驚きました。

Imgp8429

約30分、まったり過ごしました。

午後2時、下山を開始、

Imgp8430

Imgp8431

進行方向は晴れていますが、振り返ると”駒の小屋”あたりは雲の中。

Imgp8437

会津駒の山頂は雲に隠れていましたが、割と良い眺め。

最後に秋空と草紅葉を眺めて、林間の道を下りました。

下山もいつもよりゆっくりで、午後4時半過ぎ、車に無事戻ってきました。

周辺の名峰を見ることはほとんどできませんでしたが、この日は好天に恵まれて、本当に良かったです。

初夏にも訪れてみたいのですが、渓流釣りのシーズンとかぶるので、なかなか...

下山後は、温泉に山人料理に地酒、こちらも楽しみです。

« 平ヶ岳 | トップページ | 桧枝岐温泉 »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

会津駒ヶ岳ですか⛰️
東北には行ったことがないので、もちろん駒ヶ岳も見たこともありませんが、素晴らしい眺め、景色ですね!
お写真拝見してるだけで、こちらまで登山したような気分にさせてもらいました(^^)
お天気もよく青空も綺麗です。
最高の登山⛰️
素晴らしいですね。

私も気持ちの良い秋に、低い山やハイキング等へ行きたくなりました。

sakura さん、こんばんは、

すっかりお気に入りになっている山です。

前後の天気は今一のようでしたが、この日は青空が出てくれたので、気持ち良い登山を楽しめました。

秋空の下、カメラ持っての登山やハイキング、楽しいと思いますよ。
是非お出かけになってみて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平ヶ岳 | トップページ | 桧枝岐温泉 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック