« 深大寺、野川、武蔵野の森公園 | トップページ | 武蔵野の森公園 »

2021年2月 7日 (日)

小金井界隈

2021.2.6

Dscf1083

美味しいピザを食べに、

この日も快晴、絶好の散歩日和となりました。

午前9時ちょっと前に、自宅を出発。

自宅のすぐ南にある玉川上水に沿って、西に向かって歩き始めました。

Dscf1008

歩きだしてすぐ、境橋からの眺め、

以前は草木がうっそうと生い茂っていまいしたが、大分刈られて、日差しが良く入るようになっています。

Dscf1010

給食センターの配送バス

このデザイン、何気に気に入っています。

小学生低学年の頃、社会科見学で中に入りましたが、うっすらとしか記憶に残っていません。

Dscf1012

塗り替えられたと思われる歩道橋で玉川上水を渡り、次の橋で再び対岸に戻ったり、を繰り返しながら西へ進みました。

Dscf1014

梶野橋の辺り、なんだかすっかり木々が刈られて殺風景になったなあ...、ちょっと心の中で嘆きました。

途中、”浴恩館公園”という公園への道案内を見つけたので、立ち寄ってみることにしました。

玉川上水からは、しばし離れます。

Dscf1019

Dscf1017

Dscf1015

”次郎物語”の作者、下村湖人が青年団リーダーの育成する場であったとか。

そう説明を読んでも、全くイメージが湧きません。

今は小金井の史料館になっていて、中を見学することが出来ました。

玉川上水の桜並木は、江戸時代から賑わっていたようで、明治になっても茶屋があったり、人力車が往来していたとか。

展示されていた絵や写真(カラーに復元された物も)から伝わってくる当時の様子は、先ほど「木々が刈られて殺風景になった」と嘆いた光景に近かったのです。

一通り見学を終え、散策を再開しました。

Dscf1021

住宅街の中にあった豆腐屋、懐かしい感じがしますね。

玉川上水に戻ってきました。

Dscf1024

”陣屋橋”を渡ります。

先ほどの”浴恩館”での豆知識を得た後にこの光景を見ると、考えが変わりますね。

迷わずクラシックネガで撮影。

桜の時期が楽しみです。

”たてもの園”はコロナで臨時休業中なので、SLに向かいました。

Dscf1028

Dscf1035

X100Vのフード、まだ購入していませんが、やはりあった方がいいかな...

こういう場面、この1カ月弱で何度かありましたので。

ネットで見ると、DA40mmLTD(PENTAX)のふじつぼフードが使えるようですが、手持ちのはブラックです。

社外品の角形フィルターもあるようですが、ブラックボディなら合いそうだけど、シルバーには純正が良いかな、と。

小金井公園を出て、玉川上水の遊歩道を西に向かいます。

Dscf1043

Dscf1045

Dscf1050

Dscf1053

Dscf1055

Dscf1057

今回の目的地は、”茜屋橋”の手前にあるこの店、

Dscf1062

Dscf1061

2時間以上かけて歩いて、ピザを食べに来たのです。

開店の15分前に着きました。

Dscf1066

五日市街道沿いにあり車から見えるので、以前から知っていましたが、訪れたのは今回初めて。

雑誌”散歩の達人”に紹介されていたので来たわけです。

Dscf1074

Dscf1093

妻Kとで、2種類のピザを頼みました。

野菜がとても美味しかったです。

ご主人も奥さまも、気さくでとても親切な方でした。

Dscf1105

1時間ほどの滞在、

また来たいと思いました。

Dscf1107

農家なので、採れたて野菜の直売もあります。

”茜屋橋”から、新小金井街道を歩き、JR小金井駅を目指して歩いていると、

Dscf1110

古本屋です。

古本屋も最近のちょっとしたマイブームになっています。

今更ながらに正月にハマってしまった”ALWAYS三丁目の夕日”のガイド本が置いてあったので、思わず買ってしまいました。

武蔵小金井駅まで歩くのは断念し、途中からバスに乗って帰りました。

X100V、購入当初は使いづらいと感じて敬遠していたOVFですが、このところ良く使うようになっています。

フィルム時代からレンジファインダーなんて触ったことがなかったので、ブライトフレームがダメだったんですね。

どうしてもファインダーの画面全体で構図を組み立ててしまいました。頭の中で一眼レフのファインダーから切り替えができなかったのです。なので、ファインダーを覗く場合はEVFを選択していました。

EVFも、これだけ使っている分には、まあ悪くないのでしょう。しかし、OVFのクリアさと比べてしまうと違和感を抱いてしまいます。ファインファーを覗きながらEVFとOVFを切り替えると、ダイレクトに違いが分かります。

Dscf1114

OVFで撮影していると、アナログ的な雰囲気を味わえるので、散歩での手持ちスナップとは相性良いのかな?

« 深大寺、野川、武蔵野の森公園 | トップページ | 武蔵野の森公園 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

散歩・散策」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

いつも素敵な散策されてますね。

読ませて頂いていて目に止まってしまった、
下村湖人の"次郎物語“の文字。

この小説が大好きで何度も読み返した全5巻。今も家のどこかにあるはずなのですが、確か…中学生の頃から、何十年とぼろぼろになるまで読んだ、懐かしい記憶が蘇りました(^^)
カメラも本も…良いですね。

sakuraさん、こんばんは、

下村湖人も次郎物語も知りませんでした。
もしかしたら、国語の授業で習ったかもしれませんが。

昔、映画にもなったみたいですね。館内に古いポスターが展示されていました。

ちなみに浴恩館の建物、京都から移築されたみたいですよ。

こんばんは。

全く知らなかったので、
早速、調べてみました。
大変、勉強になりました。
教えて頂きありがとうございます(^^)

そうですか、お役に立てて良かったです。
散策は、毎回発見の連続です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 深大寺、野川、武蔵野の森公園 | トップページ | 武蔵野の森公園 »

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック