« FUSSA BASE SIDE STREET | トップページ | ジムニー »

2021年2月23日 (火)

アメリカンハウス

2021.2.14

Dscf1667

福生ネタもいよいよ最後、

国道16号の沿道から一歩離れると静かな住宅街になっていて、点在しているアメリカンハウスを見て歩くのは楽しかったです。

Dscf1448_20210223171201

アイボリーかスカイブルーが多く、多くは壁の色褪せていたり、ペンキが剥げかけていたり、味わい深い趣でした。

あえてそのままにしているのでしょうかね。

P-〇、G-▽など、当時の区画が書かれていたり。

”福生アメリカンハウス”の職員さんの話では、基地内に住居が入りきらなくなって基地外に作るようになって、当時は約600戸あったそうです。

現存しているのは、約150棟だとか。

(うろ覚えなので、記憶違いだったらすみません)

Dscf1545

Dscf1548

Dscf1549

Dscf1552

Dscf1553

Dscf1589

Dscf1592

Dscf1590

Dscf1597

Dscf1600

Dscf1605

Dscf1606

Dscf1608

Dscf1610

Dscf1614

Dscf1623

Dscf1624

ここまでは前座、これからが本題になります。

この日最後の目的地はこちら、

Dscf1664

"CAFE D-13"

アメリカンハウスをリノベーションしたカフェです。

Dscf1654

Dscf1630

Dscf1633

Dscf1634

廊下の突き当たりの左右に1つずつ小部屋があって、そこが飲食スペースになっています。

どちらも、それぞれ良い感じでした。

Dscf1652

Dscf1637

建物の中に入ると、まるで別世界。

極めて質素なインテリアに感激しました。

Dscf1641

まず運ばれてきたキーマカレーと窓枠を、

Dscf1651

次は、続いて運ばれてきたビールと一緒にパチリ、

喉を流れるビールが特別美味しく感じられたのは言うまでもありません。

そして驚いたのがトイレ、

Dscf1655

扉を開けると、バスルームがそのまま化粧室になっていました。

Dscf1656

Dscf1657

Dscf1658

Dscf1660

当時のバスタブがそのまま残っていて、開けてビックリでした。

充実したランチタイムを終え、店を後にしました。

Dscf1675

穏やかな日差しの中をテクテク、福生駅を目指します。

Dscf1678

JR青梅線ですが、中央線に乗り入れている車両も結構多く、帰りは直通で武蔵境まで戻りました。

心地よく揺れる車内での うたた寝がとても気持ち良かったです。

これまで東京都の西側には行っても、青梅よりも西の奥多摩地区ばかりでした。

立川~青梅付近も、色々見どころがありそうです。

« FUSSA BASE SIDE STREET | トップページ | ジムニー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

散歩・散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FUSSA BASE SIDE STREET | トップページ | ジムニー »

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック