« 伊勢神宮 125社巡り(2) | トップページ | 桜 »

2024年3月15日 (金)

伊勢神宮 125社巡り(3)

2024.3.10

Imgp0322_20240315195901

果たして御利益は?

2日目、まず内宮を巡り、その後に自分のお楽しみを再開。

内宮からすぐの場所にあって、立派な駐車場がありました。

Imgp0296_20240315195501

内宮の目と鼻の先的な位置にあって、かなり立派でしたが、空いていました。

ガラガラではありませんが、すぐ近くの内宮エリアの劇混みから比べると、空き空き。

ちなみにこのエリアはペット侵入不可。

-----------------------------------------

1)葭原神社(あしはら)

Imgp0300_20240315195601

入口に鎮座していました。

似たような写真ばかりで、そろそろ飽きてきました。

先に進みます。

---------------------------------------

2)月読宮(つきよみのみや)・月読荒御魂宮(つきよみあらみたまのみや)・伊佐岐宮(いざなぎのみや)・伊佐奈弥宮(いざなみのみや)

Imgp0317

4つが並んで鎮座していますが、単純に端から順にではなく、参拝する順番が決められていました。

Imgp0305_20240315195901

Imgp0310_20240315200001

Imgp0324

Imgp0326

こうして前日から車で移動しながら、まとめて幾つも巡っていると、ありがたみが薄れてきました。

巡るエリア決めて、1日かけて歩いて巡るのが正解でしょう。

なんでも現代風に、お手軽簡単に、では御利益も少ないかもしれません。

---------------------------------------

3)宇治山田神社(うじようだ)・那自売神社(なじめ)

月読宮の駐車場に車を置いたまま、歩いて移動。

近くにあるのが分かっていても、どこにあるのか分からない、そんな場所。

案内などなく、グーグルマップにものっていません。

Imgp0328_20240315200401

このこんもりした森を目指して、周囲をほぼ一周して入口を見つけました。

ここは”興玉の森”と呼ばれ、猿田彦大神かその子孫が居住したと言われているとか。

Imgp0330_20240315200401

民家の敷地の脇にあった小道を入ると、

Imgp0332_20240315200501

毎度の入口の案内板がありました。

Imgp0334

地面には苔が綺麗に生えてました。

駐車場に戻って、再び車で移動。

---------------------------------------

4)倭姫宮(やまとひめのみや)

Imgp0349_20240315200901

最も新しく、大正12年(1923年)鎮座だそうです。

と言うことは、昨年がちょうど100年ですね。

Imgp0362_20240315201201

Imgp0351_20240315201101

幾つかをざっと手短に巡りましたが、時刻はすでに14時過ぎ。

これにて、今回の伊勢旅行は終了。

1泊2日でしたが、盛り沢山だったので、もっと長く感じました。

機会ができれば、また訪れたいです。

« 伊勢神宮 125社巡り(2) | トップページ | 桜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊勢神宮 125社巡り(2) | トップページ | 桜 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック